カナダの国の首都はオタワです。

ここには行政機関が集中をしています。

この国の首都の建設は1850年代に行われました。

オランダとは友好的な付き合いがあり、チューリップの球根が毎年贈られてきます。

この都市は、チューリップシティとも呼ばれています。

ここには、多くの美術館や博物館が存在しています。行政官庁が多くあります。

そして研究機関が多いことが特徴です。

産業も発展しています。ここはカナダのなかで四番目に人口が多い都市です。

市民には、難民が多いのです。これは、オタワが積極的に難民の受け入れを行ったためです。

様々な人種が存在しています。

そして多くの市民は英語を使いますが、フランス語も堪能な人が多くいます。

ここは、寒さの厳しい地域です。

北米のなかでは、最も雪が多くふる地域です。夏は蒸し暑いことが特徴です。

この都市はカナダの歴史を物語る街でもあります。

イギリスの植民地時代に、首都をオタワとイギリスの女王が制定しました。

当時の地域の勢力対立の和解のために、中間地点であるこの地が選ばれました。

この首都では通年イベントが開催されています。ここは文化あふれる街です。

首都の中心から少し足をのばせば自然が広がっています。人口は約120万人です。

毎年多くの観光客が訪れます。

リドー運河は世界遺産です。観光客は歴史的な名所や、ランドマークを巡ります。

美術館や博物館にはカナダのものだけではなく、世界中から集められた素晴らしい品も多く展示されています。

街には素敵なレストランがたくさんあります。

冬の凍結をしたリドー運河では、スケートが楽しめます。この凍った運河は、市民の通勤通学のルートでもあります。

夏の運河では、クルーズが人気です。毎年恒例のチューリップフェスティバルでは、何千本ものチューリップが咲き誇ります。

ここの議事堂は素晴らしいゴシック建築であり、一番の観光地でもあります。市内にはイタリア人街が存在しています。

また、中華街やユダヤ人街もあります。

この地は、亜寒帯湿潤気候です。この首都との姉妹都市は、中国の北京です。

オタワを本拠地とするアイスホッケーチームは有名です。

オタワの台所として知られている巨大なマーケットは、多くのお店が並んでいます。

最も庶民的な雰囲気が漂っている場所です。

歴史の長いマーケットでもあります。

ここは、市民だけでなくたくさんの観光客も訪れます。

お土産は、ワインやメイプルシロップが人気があります。